イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

泉屋博古館東京 うるしとともに― くらしのなかの漆芸美

1月 20 @ 11:00 AM - 2月 25 @ 6:00 PM

展覧会概要

アジアの人々が見出した不思議な樹液、漆。ある時は天然の接着剤、またある時には表面に艶と光沢を与える塗料として活用されてきました。そして漆の特性を活かして、各地域の事情や美意識に応えた様々な漆芸技法が花開きました。東洋の人々のくらしのなかには、その技で生み出された多彩な漆芸品が深く根差しています。本展では、住友コレクションの漆芸品の数々を、用いられてきたシーンごとにひもとき、漆芸品を見るたのしみ、使うよろこびについてもう一度考えたいと思います。

また同時開催として、漆芸品と同じく私たちのくらしを彩ってきた陶磁器のなかから、近年当館へご寄贈いただいた瀬川コレクションの染付大皿を受贈後初めて公開します。大皿に表された斬新で大胆な意匠は、圧倒的な迫力で粋な青と白の世界へみなさまを誘います。


象彦(八代 西村彦兵衛)《扇面謡曲画蒔絵会席膳椀具》大正時代・20世紀 泉屋博古館

展覧会のみどころ

1 ハレの日を祝うお膳が勢ぞろい
統一のとれた揃いの漆器から、在りし日の祝宴の光景が浮かび上がります。

2 蒔絵、螺鈿、彫漆・・・漆の可能性を引き出した技法の数々をご紹介
目の前の作品をつくりあげた技を知ることもまた、漆芸品を見る楽しみのひとつ!

3 染付大皿、初公開!
江戸時代後期に誕生した、おめでたい、大迫力の染付大皿をご紹介。

4 2024年の干支「龍」も、あちこちに
辰年を迎えて最初の展覧会!!龍をモチーフにした漆芸品・染付大皿が続々登場します。

開催概要

展覧会名 企画展 うるしとともに ―くらしのなかの漆芸美
会期:2024年1月20日(土)~2月25日(日)
開館時間:11:00~18:00 ※金曜日は19:00まで開館 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(祝日は開館、翌平日休館)
入館料:一般1,000円(800円)、高大生600円(500円)、中学生以下無料
※20名様以上の団体は( )内の割引料金
※障がい者手帳等ご呈示の方はご本人および同伴者1名まで無料

会場
:泉屋博古館東京
〒106-0032 東京都港区六本木1-5-1
https://sen-oku.or.jp/tokyo/
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)
主催:公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社(予定)


館外観

詳細

開始:
1月 20 @ 11:00 AM
終了:
2月 25 @ 6:00 PM
イベント タグ:

主催者

公益財団法人泉屋博古館、日本経済新聞社(予定)

会場

泉屋博古館東京
港区六本木1-5-1 東京都 106-0032 日本 + Google マップ
Phone
050-5541-8600
会場 のウェブサイトを表示する